• つま先でホールドに立つ

    目の前にそびえ立つ壁を何とか今日は乗り越えてみせるんだ!そういう意気込み挑みがちなボルダリングですが、そういう時は得てして次に掴むホールドに目が行きがちですが、それよりも重要なのは実は足だったりします。

    ボルダリングをする上で、足をきちんと使う事で手にかかる負担をかなり減らすことができ、より長く、より高く登れるようになります。

    たとえば、両手両足でホールドを掴んでいる場合、手に全神経を集中してまって、足でしっかりと身体を支え等得るのにもかかわらず、手の力で支えていたりすることがありますので、「足でしっかりホールドに立つ」事を念頭に置きましょう。

    しかし、足を完全にべたっとのせられるようなホールドは確かに少ないですね。じゃあどうすれば良いか、それは、つま先でホールドに立つように心がけることです。

    つま先、というか親指、人差し指あたりに神経を集中させ、できる限りしっかり掴みましょう。足でしっかりホールドを掴みさえ出来れば手の力が少なくてすむのが実感できると思います。まずは足に気をつけていきましょうね。