• なるべく身体を壁に近づける

    登りだしてからは、壁から身体を離した方が先のホールドが見えやすくなるためどうしても身体を壁から離しがちになってしまいます。

    しかし、身体を壁から離してしまうと、重心が後ろに傾いてしまい、足だけで身体を支えることが出来なくなってしまい、手に本来であれば不要な負担をかけなければならなくなってしまいます。

    ボルダリングは「いかに手の負担を減らすか」が重要になってきますので、できる限り負担をかけないよう、登っている最中はできるだけ身体を壁に近づけて、ホールドを探すときのみ壁から少し離れる、といった具合で登るようにすると良いかと思います。

    もちろん登るルートを先にイメージしておくことをきちんとやっておくと、より効率が上がりますので、是非お試しください。