• 同じホールドに置いている足を左右入れ替える

    少しグレードが上がると、足を置くホールドが自由に全てのホールドを使えなくなってしまいます。

    限られたホールドを最大限に利用するためには、「同じホールドに置いている足を左右入れ替える」というテクニックが重要になってきます。

    例えば、次に掴みたいホールドが右上にある場合、右足をできるだけ右上に持っていければ掴みやすくなりますよね。

    しかし右足を一番近いホールドに置いてもまだ足りないときは、右足と左足を入れ替えてみましょう。

    理屈としては、身体の四肢を四角形の頂点と考えたときに右手から一番遠い頂点は左足になりますので、左足をなるべく近いホールドに置けば、少しではありますがホールドまでの距離が縮まります。

    足を入れ替えるこコツとしては、両方の足をつま先だけでホールドに乗せて、じわじわと左足を乗せている箇所を大きくすることです。ホールドは必ずしも大きいホールドではないのでここは焦らずにじっくりと入れ替えましょう。