• 届かない場合は足の位置を変えられないか検討する

    ホールドに手が届かない時に考えることは、まず「今足を置いている位置はこれが最善か」です。

    初心者のウチは手に意識が集中しがちで、「もっと良い位置にあるホールドに足を乗せ換えればすぐに届くのに!」というケースによく遭遇します。

    「オシャレは足下から」とも言いますし、「ボルダリングも足下から」なわけです。知りませんが。でも大体あってると思います。

    なので、まずは一度足下を見て、もっと良い位置(高い位置にあって安定している)のホールドを探してみましょう。手を伸ばすのはそれからでも遅くはありません。