• 足下をよく見る

    ボルダリングはゴールが上にあるスポーツなので、どうしても上に意識が向かいがちです。また、日常生活で足下を気にするケースも少ないため、意識しなければ足下に注意する事はないと思います。

    しかし、ボルダリングをやる上で重要なのは手ではなくむしろ足であると言って良いでしょう。最初の内は足をどこに置いても自由なのでおろそかになりがちですが、しっかりホールドに足を置いていなければ手や身体に無駄な負担をかけてしまうことになり、結果的に効率の悪い登り方になってしまいます。

    逆にしっかり足をホールドに置いて、手を離しても身体を支えられるくらいに身体を安定させることができれば体力も温存でき、次のホールドを取る際にも無駄な力を必要とせずにスムーズに登ることが出来るようになります。