• 身体を回転させて遠くのホールドを掴む

    ボルダリングでは難易度が上がっていくと、どうしても次のホールドに手が届かない、といった自体が起こります。これは身体のサイズの問題かというとそういうわけではなく、…そういうわけの時もあるんですけどねw さておき、誰しもそういう事態には陥るわけですが、じゃあそういう時はどうすれば良いんでしょうか。

    そういう時は、身体をちょっと回転させると案外スッと手が届いたりします。これは結構身体の動きとしては大事なことなので、注意してみると良いと思います。

    文章だとちょっと理解しづらいところもあるのですが、具体的には

    右手でホールドを掴みたいときは右の腰を壁に向ける

    左手でホールドを掴みたいときは左の腰を壁に向ける

    これが大事です。

    こうすることで、より遠くのホールドに手が届くようになり、効率よく登れるようになりますので、お試しください。